【Cresset】Flare上市特集

Cresset社が開発リリースしました新規Structure-basedの分子設計ツール「Flare」を特集します。

ダウンロード
Flare 日本語カタログ
Flare_new insights for structure-based d
PDFファイル 670.9 KB

Link-J主催 (Biospire後援)イベント 11月2日(木)夕方

英国における産官学連携とバイオベンチャーの成功事例

申込は9月1日(金)開始予定です


ダウンロード
Link-J Seminar 2 Nov 2017 PDF
Link-J Seminar 2 Nov 2017.pdf
PDFファイル 552.0 KB

Location

日本橋ライフサイエンスビル

 


【DefiniGEN】 アカデミア向けキャンペーンのお知らせ

 

2017年7月1日

 

DefiniGEN アカデミア向けキャンペーンのお知らせ

 

お客様各位

 

謹啓

盛暑の候、貴学におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

平素は格別のご厚情を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、英DefiniGENでは、下記要項にてアカデミックキャンペーンを実施致します。期間限定となりますが、この機会に、高品質かつ高い再現性を有するiPS由来細胞(肝臓・膵臓モデル)をお試しください。

謹白

 

キャンペーン要項

1. 期間 2017年7月1日~9月30日(注文書受領日)

2. 対象 各大学・関連研究機関にご所属のご研究者様に限定

3. 内容 DefiniGEN主要品目を下表に従い販売致します。

* 一部品目については、細胞数等の一部スペックが変更される場合があります。

 

 

 

 

品番 製品名 通常価格(円) キャンペーン価格(円)
Def-HEP WT Human Hepatocyte Wild Type 128,000  50,000
Def-HEP A1ATD Alpha-1 Antitrypsin Deficiency Disease modelled Hepatocytes 168,000 50,000
Def-HEP GSD1a Glycogen Storage Disease modelled Hepatocytes 168,000 50,000
Def-PANC WT Human Pancreatic Cells Wild Type 295,000 50,000
DRM100 Pack Def-HEP Thawing and maintenance media pack 24,000 15,000
PRMM Pack Def-PANC Thawing and maintenance media pack 24,000 15,000
SHIP 英国→日本直送費用 60,000 45,000

国内代理店からもキャンペーン価格での購入が可能です。

キシダ化学株式会社 本社 大阪営業部

TEL 06-6946-1531            FAX 06-6946-8064

東京支店 東京特約グループ

TEL 03-5625-5591(代) FAX 03-5625-5592

東京直需グループ

TEL 03-5625-5593(代) FAX 03-5625-5594

つくばグループ

TEL 029-833-6011(代) FAX 029-833-6012

日本再生医療学会

#日本再生医療学会 (3月9日@仙台)にて、東北大学坂田直昭先生が、Def-PANC(iPS由来膵β細胞)から樹立した「マイクロ膵島」の機能評価に関する発表を行いました。#DefiniGEN Dr Naoaki Sakata of Tohoku University will deliver a presentation at the Japan Society for Regenerative Medicine on 9th March, and will discuss methodology for running functional assays using DefPANC cells (iPSC derived pancreatic cells supplied from DefiniGEN).

DefiniGEN 2017プレゼンテーション

ダウンロード
Current DefiniGEN simple presentation 20
PDFファイル 2.2 MB

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

 

Biospireはお陰様をもちまして、この1月から8年目の

スタートを迎えることができました。現在までに多くの

皆さまの支えを通じ、国際的なビジネスの立ち上げなど

を行って参りました。今後も、日本と英国の両拠点体制にて、

新規ビジネスの立ち上げと運営などに関するサポートを行って参る所存です。

 

Biospire株式会社 代表取締役

松永昌之

biojapan2016

[DefiniGEN] Bio Japan 2016に出展します

日時  2016年10月12日(水)~14日(金)

場所  パシフィコ横浜

詳細  英国ブース内で出展します

 

発表者  Dr Filipa Soares (DefiniGEN)

発表日時 10月14日(金) 11:35~12:35

 

内容  

DefiniGENが世界に先駆け開発・販売を開始しているiPS由来膵ベータ細胞を中心に、肝臓・肺・小腸の開発動向、およびDefiniGENが得意とする、ゲノム編集を用いた各種疾患モデルの開発等について研究開発リーダーのFilipa Soaresが発表を行います。

 

主催者リンク http://www.ics-expo.jp/biojapan/2016_exhibitor_presentation.html

[Cresset] CBI学会2016 ランチョンセミナーを共同開催します

日時  2016年10月27日(木) 12:00~13:30

場所  タワーホール船橋 研修室

詳細  学会ホームページをご参照ください

発表者 Dr Giovanna Tedesco 

内容  グローバルファーマを中心に採用されているCressetソフトウェアについて、

    解りやすく解説を行います。

 

Title: A picture tells a thousand words – using activity cliffs maps to understand SAR.

 

Authors: Giovanna Tedesco, Tim Cheeseright, Susana Tomasio, Paolo Tosco, Mark Mackey

Cresset, Cambridgeshire, United Kingdom

 

Summarizing and understanding the Structure-Activity Relationships (SAR) for a series of compounds can be a difficult and time-consuming exercise. A method capable of quickly identifying and deciphering the most relevant features underlying the biological activity of small and large data sets, even in those cases where limited structural information is available about ligand-target interaction, would be of invaluable help during the early stages of drug discovery projects.

 

Activity Atlas1 is a novel, qualitative method available in Forge2, Cresset’s powerful workbench for ligand design and SAR analysis. Activity Atlas is a probabilistic method for analyzing the SAR of a set of aligned compounds as a function of their 3D electrostatic, hydrophobic and shape properties, calculated with Cresset’s proprietary XED force field3. The method uses a Bayesian approach to take a global view of the data in a qualitative manner, taking into account the probability that a molecule is correctly aligned. Results are displayed using Forge visualization capabilities as highly visual 3D maps that inform the design and optimization of new compounds.

 

In this presentation, Activity Atlas and Activity Miner4, a module of Forge enabling rapid navigation of activity cliffs, will be used to analyze the SAR of a few example data sets of different size and complexity taken from the literature.

 

Activity Atlas activity cliffs summary maps will be used to get an overview of the SAR landscape, focusing on the prevalent SAR signals. Activity Miner will be used to drill down into the Activity Atlas maps to understand subtle molecule-to-molecule structure-activity changes and identify potential outliers.

 

The information derived from this analysis can be of invaluable help for drug discovery projects to inform design decisions and help prioritize molecules for synthesis.

 

1.       http://www.cresset-group.com/activity-atlas/

2.       http://www.cresset-group.com/products/forge/

3.       J. G. Vinter, Journal of Computer Aided Molecular Design 8 (1994) 653-668

4.       http://www.cresset-group.com/products/activityminer/

 

 

 

 

 

Japan Diabetes Society booth presentation : DefiniGEN

【DefiniGEN】日本糖尿病学会出展

日本糖尿病学会

519日から21日、京都国際会館にて開催される日本糖尿病学会企業出展ブース(イベントホール・小間番号7)にて、英ケンブリッジ大学発のバイオ企業DefiniGENは、世界に先駆け開発と製品化を行ったiPS由来膵臓細胞に関する発表・展示を行います。

 

化学的に定義された材料のみを分化誘導に用い凍結保存された分化誘導後の細胞は、解凍後においても80%を超える生存率を示し、ヒト膵島と比較可能なレベルのインスリン分泌ならびにグルコース応答性(GSIS)を示します。

 

また、グルカゴンやソマトスタチンの各種マーカーも確認しており、β細胞のみならず、α細胞、δ細胞の特性も有していることを確認しております。3次元プレートを採用することにより、膵島様スフェロイドが作製できることも確認されており、インスリン分泌等の機能も向上します。

 

また同ケンブリッジ地区のHorizon Discovery社とのタイアップにより、CRISPR/CAS法を導入したゲノム編集型疾患モデル細胞を自在に調製することが可能であり、糖尿病研究における新たなツールとして世界中の製薬メーカーから注目を集めております。

Japan Diabetes Society

DefiniGEN a Cambridge spin-out biotech company will exhibit a booth (#7 at Event hall) at Kyoto International Conference Center at Japan Diabetes Society held on 19-21 May 2016.

 

DefiniGEN only applies chemically-defined conditions to obtain differentiated high function pancreatic cells from iPS (induced pluripotent stem) cells with guaranteeing over 80% viability after thawing from cryopreserved condition in a vial.

 

Those cells (Def-Panc) shows quite similar performances to human islet not only generating insulin (as beta cell function) but also observing glucagon and smatostatine (alpha and delta cell functions, respectively) functions. 

 

Micro-islet-like spheroid could be obtained simply utilizing ultra-law adherent plate which could support your diabetes studies and subsequent regenerative medicine applications.

 

DefiniGEN collaborate Horizon Discovery in Cambridge to be able to obtain gene-edited disease model cells utilizing CRISPR/CAS methods under commercial license.

 


Successfully finished - Biospire Scientific Seminar 2016 - Thank you.

2016年3月22日に京都リサーチパークにて開催されました「Biospire Scientific Seminar 2016」は、国内外の再生医療研究者様を中心に、多くの方のご参加を頂き、無事終了することが出来ました。

 

本セミナーを開催するにあたり、コメントを頂きました英国大使館様、スポンサーとしてご協力頂きましたGreiner Japan様、BMT Hybrid様、またDefiniGEN製品の日本代理店である住商ファーマインターナショナル様に深く感謝申し上げます。

 

セミナーは、英ケンブリッジ大学教授のLudovic Vallier先生にiPS/ES細胞から内胚葉系細胞に分化誘導するメカニズムを中心にレクチャーを頂き、その後活発な議論ならびにネットワーキングに発展させることができました。

 

Biospire thanks for the participant joined the Biospire Scientific Seminar 2016 held in Kyoto on 22 March.

 

Biospire appreciates British Embassy who gave warm opening message to cerebrate the meeting. We also thank to main sponsors for this event, Greiner Japan, BMT Hybrid and Summit Pharma International as distributor of DefiniGEN products.

 

We invited Professor Ludovic Vallier from University of Cambridge this year for delivering a lecture especially for the mechanisms of differentiation of endoderm from iPS/ES cells.  


Professor Ludovic Vallier, University of Cambridge (main lecture titled: Human pluripotent stem cells for modelling hepatic and pancreatic diseases.)

Dr Marcus Yeo, CEO DefiniGEN, (opening remarks titled: The use of genome editing and iPS directed differentiation system to model human liver and pancreatic disease in vitro)

Overview of the seminar.

3/18 日本再生医療学会にて口頭発表を行います

[O-26-1] 3/18 17:20~

Human pluripotent stem cells (hPSCs) as a source for surrogate pancreatic beta cells
座長:高橋 淳 / 京都大学 iPS細胞研究所

演者:松永 昌之 / DefiniGEN Ltd.

共著者:Vallier Ludovic¹、Yeo Marcus² / ¹Laboratory for Regenerative Medicine, University of Cambridge、²DefiniGEN Ltd.

(発表プレゼンテーションは、要旨のみ発表後に公開します)

1/19 東大生研「細胞アッセイ技術の現状と将来」にてポスター発表を行います。

シンポジウム:細胞アッセイ技術の現状と将来

2016年1月19日(火)

東京大学生産技術研究所コンベンションホール

ポスター発表 (質疑応答時間 : 奇数番号 15:00~16:00, 偶数番号 16:00~17:00)

1) ヒトiPS細胞(hIPSC)から分化誘導した疾患肝臓・膵臓細胞の作製

(DefiniGEN Ltd) 松永 昌之, Marcus Yeo

(Anne McLaren Laboratory for Regenerative Medicine,

Department of Surgery, University of Cambridge) Ludovic Vallier

(内容)

ヒトiPS細胞(hIPSC)から分化誘導した疾患肝臓・膵臓細胞の作製

(DefiniGEN Ltd.) 松永 昌之*YEO, Marcus

(英ケンブリッジ大学) VALLIER, Ludovic

 


肝臓及び膵臓は代謝疾患の中心となる臓器として位置付けられており、創薬研究においても重要なテーマとなる一方で、疾患特性を有する肝臓や膵臓の細胞が研究に十分な量が供給されていないことが課題となっている。我々の研究開発は、長きに渡りヒトiPS細胞から動物由来の材料を一切用いない系による分化誘導プラットフォーム「OptiDiff Platform(1)を構築すると同時に、最新のゲノム編集技術を導入することにより、主要な代謝疾患であるA1ATDや家族性高コレステロール血症 (FH) や、若年発症成人型糖尿病 (MODY)に代表される糖尿病研究の現場へ、活用可能な「疾患モデルiPS細胞」を十分量供給することを目指してきた。従来までは、疾患ドナーからの許諾を得た体細胞を用い、iPS細胞初期化を経た分化誘導細胞の調製を行ってきたが、現在では健常人ドナー由来のiPS細胞にゲノム編集技術を導入した後、分化誘導を行う方法を積極的に採用している。ゲノム編集技術により調製される疾患モデルiPS細胞は、作製元となった健常人由来iPS細胞をコントロールとして、同時に供給することが可能であるため、創薬研究における付加価値が向上される。同時に恒常的に供給が不足している初代疾患細胞を補完する役割も期待されている。

 
   

iPS細胞からの肝細胞への分化誘導プロセスは、初期のステージにおいてdefinitive endoderm(胚体内胚葉: DE)に変化したiPS細胞が、anterior definitive endoderm (ADE)と呼ばれる、肝臓、膵臓、肺および甲状腺に分化可能な形態に変化する。次いでADEが肝細胞前駆体となった後に、最終的に肝臓様細胞となり、分化誘導後約35日目に至る最終プロセスにおいて、代謝活性を中心とした必要な肝機能が発現する。

 

β細胞への分化誘導においては、DEからほぼ均質な膵臓内胚葉細胞が作成され、この細胞の殆どから主要なβ細胞マーカーが発現されることを確認している。また、生理学的に十分なレベルのC-peptideがグルコース濃度に呼応する形で得られ、これらが3次元的に積層されることにより、更に多くのインスリンが分泌されることを確認している。

我々はiPS細胞に対して、トランスフェクションによるCRISPR/Cas9技術によるゲノム編集実施後、OptiDiff Platformによる疾患モデル分化細胞を作製している。上述の分化誘導法を用いることにより、A1ATDFHMODY)等の疾患モデル分化細胞を、高い再現性で調製することができる。さらにこの方法を用いて調製された疾患モデル分化細胞の遺伝型と表現型は適切な生化学的手法によって確認されている。

今後の取り組みとして、2型糖尿病のような複雑な疾患モデル分化細胞を生成するためのゲノム編集技術を開発していく。例えば複数の疾患遺伝子の挿入を行った疾患モデル分化細胞の作製を行うが、これらの研究には、複数の遺伝子の関与により疾患が発現することを特定したGWAと呼ばれるゲノムワイド機構の成果が活かされていく。

【参考文献】

1. Rashid ST, et al. J Clin Invest. 2010;120:3127-36.

2. Yusa K, et al. Nature. 2011;478:391-4.

3. Cho CH, et al. Diabetologia. 2012;55:3284-95.

4. Danaei G, et al. Lancet. 2011;378:31-40.

5. Ordóñez A, et al. Hepatology. 2013;57:2049-60.

6. Miranda E, et al. Hepatology. 2010;52:1078-88.

*: masashi@definigen.co

 

Biospire Scientific Seminar 2016

"Human pluripotent stem cells for modelling hepatic and pancreatic diseases"

Professor Ludovic Vallier, Cambridge University, U.K.

Date:                      Tuesday 22 March, 2016

Time:                     10:00 ~ 12:00 hrs (registration 9:30~)

Place:                     Kyoto Research Park, #4 building, "Room 1" (4号館 2階 「ルーム1」) 

                               (京都市下京区中堂寺粟田町93 http://www.krp.co.jp/access/)

Admission:             Free

Pre-registration:    Required

※ 聴講は無料ですが、必ず本フォーマットより事前登録をお願い致します。

※ 当日はお名刺1枚のご準備をお願い致します。

※ 定員に達し次第、申込を締め切らせて頂きます。

Program

(9:30         Start registration)

10:00        Opening note (Dr Marcus Yeo, CEO, DefiniGEN Ltd.)

                 The use of genome editing and iPS directed differentiation system to model human liver and pancreatic disease in vitro

10:20        Lecture (Professor Ludovic Vallier, University of Cambridge)

                 Human pluripotent stem cells for modelling hepatic and pancreatic diseases

11:30        Networking

12:00        Close

                 (Chair person: Dr Masashi Matsunaga, Founder and Management Consultant, Biospire Japan)

 

More details and registration, please visit our special site, "biospire.jp/lv2016/" today!!

iPS由来膵β細胞の定期発送開始のご案内

Take a step forward in your research with DefiniGEN's 

Human Pancreatic Beta Cells...

DefiniGENは、英国ケンブリッジ大学よりスピンアウトしたバイオ系企業です。iPS細胞から分化誘導された各臓器様細胞を安定的に供給することにより、創薬開発の加速化、薬剤の安全性に関する機能的評価、更には再生医療分野への応用に貢献しています。

弊社が世界に先駆け産業界に上市した膵β様細胞(Def-PANC)は、98%が統計的に均質であり、グルコース濃度に応じインスリン分泌量が変化します。75から80%の細胞がC-ペプチド(C-Pep)を発生させ、また0.4%の細胞がソマトスタチン(somatostatin)を、3%がグルカゴン(GCG)を分泌します。また、Def-PANCは、初代膵β細胞に相当するGSIS (glucose stimulated insulin secretion response) を表現することがわかっており、代表的な分泌促進剤であるGLP-1等に対しても用量反応(dose-dependent response)が示されることを確認しています。

分化誘導全般に関する基礎技術は、ケンブリッジ大学アン・マクラーレンン再生医療研究所のルドヴィック・ヴァリエ教授(Professor Ludovic Vallier)の研究室にて確立され、DefiniGENが技術ライセンスを受けると共に産業化に必要な改良を実施しております。今後私たちの共同体では、肝臓・肺・小腸・胃等といった内胚葉由来の細胞を順次開発し、製品化を行って参ります。また、自在に疾患遺伝子を導入させる技術も有しており、創薬開発に必要な「疾患モデル」の提供ならびにサービスを行っています。

β様細胞は、細胞が活きた状態で出荷され、FedExの定温輸送にて世界各地に発送されます。このため、ユーザー様は解凍ならびにメンテナンスのプロセスを経ることなく、速やかに研究に供試されることが可能です(凍結保存バイアルは開発中)。Def-PANCは、12ウェルプレートで提供され、各ウェルに400万細胞が含まれます。このため、1プレート中に4800万細胞といった豊富な細胞が提供されます。

 

Def-PANCの当面の製造スケジュールを下記にお知らせします。分化誘導および品質検査後、直ちにFedExによる発送を行うため、予約販売制を採用しております。価格、商流、その他のご質問につきましては、masashi@definigen.com までお問合せ下さい。

 

20163月までの製造スケジュール>

出荷予定日

ご予約状況

2015/11/23

残りわずか

2015/12/07

残りわずか

2015/02/01

好評受付中

2015/02/15

好評受付中

2015/02/29

好評受付中

2015/03/14

好評受付中

    締め切りは約1週間前

 

<お問合せは日本語・英語にて受け付けております>

担当: 松永昌之 (Masashi Matsunaga)

              Business Development Manager, DefiniGEN Ltd.

Kawano Laboratory: 


粒子を設計・評価するための新しい「物差し」 

New tool for designing and evaluating particles

株式会社カワノラボは、2014年に大阪大学から立ち上がった。同社は、「磁化率」と呼ばれる物理的な指標を活用し、新しい微粒子計測の概念を産業的に展開していく事を目標としている。


磁化率(実際には「体積磁化率」)は、世の中のあらゆる粒子に存在する固有の指標であるが、その値はあまりに小さく、着目されることは多くなかった。しかしながら、これらの粒子に高い磁場を掛けることにより、個々の粒子は泳動をはじめ、それぞれの泳動速度から磁化率を算出することが可能になる。例えば、複数の粒子が混ぜものとして存在する化粧品やインク、多様な工業製品に応用した場合、個々の粒子の特性を、この磁化率を基準に求めることが出来るため、今まで数値として管理することが出来なかった分野における製品開発や品質保証に応用することが可能となる。


粒子計測の分野においては、ゼータ電位法やラマン顕微鏡等の既存の方法が存在するが、一長一短がある。こうした磁化率を単独もしくは既存法の補完的な評価法として採用することにより、より詳細な粒子に関する情報を把握することが可能となる。


株式会社カワノラボは、事業化の準備段階において科学技術振興機構A-STEP若手起業家タイプの採用を受け、この間に必要な特許などを取得するとともに、パイロットタイプの測定器を開発し、化粧品・インク材料・食品等の企業研究者を含めた評価系の構築、ならびにデータの蓄積を行ってきた。


「学生時代から粒子の分離技術や表面測定に関する研究に取り組み、磁場を用いた粒子泳動法に辿り着いた。この方法を用いることにより、粒子表面のみならず、粒子細孔内への溶媒の浸透などのパラメーターも評価することができたため、新しい『物差し』として産業化出来るのではないか、と考えました」と、カワノラボCEOの河野誠博士は起業の理由についてコメントしている。


現在もカワノラボは、大阪大学吹田キャンパス内に拠点を設け、企業との共同研究を通じた製品開発を継続している。同社のビジネスモデルは、大きく3つに分けられ、装置メーカーとの共同開発を通じた装置の販売展開、自社装置を用いた受託測定、ならびに粒子開発全般に関するコンサルティング業務となっている。粒子開発に関するコンサルティングは、クライアントとなる研究開発者が抱える諸問題に対し、磁化率測定を採用し解決に導くことを目的としており、今までに数値化が難しく官能試験に頼らざるを得なかった指標などを数値化するサポートを行っており、研究開発から品質保証に至る協議を継続している。

Kawano Laboratory was set up in 2014 from Department of Chemistry of Osaka University in Japan. The mission of the company is to support industries in particle measurement with launching new physical concept called “magnetic susceptibility”.


Magnetic susceptibility is a specific index belong to the type and properties of any particles. This index, however, has not been utilized in particle measurement due to extremely low signals obtained without designated apparatus. With applying super-high magnetic filled gradient, each particle starts to be motile (i.e. magnetophoresis) with being able to measure parameters such as migrating velocity. Index for specific particle can be obtained even from particle dispersion or stable mixtures, so that this technology will be able to be applied to industrial R&D and quality control in ink, cosmetics and a number of industries. 


This index using magnetic susceptibility can be used as an independent apparatus, but also enables to use as a supplemental devise with classic methods such as zeta potential and raman microscopy.


Kawano Laboratory was established after their incubation period with successfully completing a three-year entrepreneurship fund program from JST (Japan Science and Technology Agency) with also applying and filing patents for key technologies. A number of preliminary studies have also been carried out with cosmetic, ink and food industries with establishing pilot type of measurement apparatuses. 


“Magnetophoresis and the magnetic susceptibility index have lots of marketing potential being able to be used in the industry if adequate devises are established kind to the users. This technology can measure not only the surface of particles but also internal pore information and other parameters that cannot be measured by existing methods”, says Dr Makoto Kawano, CEO at Kawano Laboratory. After having academic experiences from chromatography application, Dr Kawano decided to launch his own company to specialize on magnetic susceptibility in 2011 to create new tool and concept in the analytical market.


Kawano Laboratory has its office and laboratory in Suita Campus of Osaka University in Osaka with welcoming collaborative researchers both from industry and academia to create open innovations. The company has three business models; 1) develop market and devises collaborating with equipment companies, 2) CRO services using in-house devise to generate data, and 3) consultant services using knowledge and know-how to measure and design particles and those mixtures. Kawano Laboratory offers highly flexible services for the consulting services to overcome the problems that the clients have in particle designing and evaluation. In one case study, the company supported a client with establishing new quantitative index using magnetic susceptibility to overcome a problem that the client had to rely on an organoleptic tests for many years which resulted in producing off-spec products due to instability of the measurement methods.








Figure 1. Optical microscope image (continuous) for the magnetic

susceptibility of a particle under magnetic fource.












Figure 2. Example of application of magnetic susceptibility on printer ink.

Particles having different color distribute in the index of magnetic

susceptibility (Y) and particule diameter (X).

Early Stage Technology ManagementをスローガンとするBiospireでは、起業前よりカワノラボに関する事業化のサポート等を行っている。粒子計測に関する要求は日本のみならず、世界各地において存在しており、今後は海外企業の研究開発者やアカデミア等への展開をサポートしていく。


Biospire having its motto on “Early Stage Technology Management” has been supporting comprehensive business development since the company was in preparation of setting up. Biospire will continuously support Kawano Laboratory with creating new market concept to the global market with linking oversea academia and industrial researchers.

ダウンロード
カワノラボご紹介
上記の情報はPDFでのダウンロードも可能です。
Kawano Lab.pdf
PDFファイル 1.9 MB

DefiniGEN: Exhibit and deliver a lecture for our latest pancreatic production from iPS designed for biobanking and diabetes studies at ABC 2015 in Shanghai.

DefiniGEN exhibit as platinum sponsor at 5th Annual Biobanking China on Precision Medicine Conference & Exhibition 2015 (ABC 2015) in Shanghai from 13 to 16 September.


DefiniGEN's product development manager, Dr Filipa Soares will deliver a lecture in the morning of Tuesday 15th with titling "Banking hIPSCs and Differentiation into Pancreatic Cell Phenotypes" with explaining our latest technical updates for the differentiation of pancreatic cells from hiPSc.


For further information, please visit http://www.scrcnet.org/biobank2015/index_en.asp


If you wish to have face-to-face meeting, please contact masashi@definigen.com.


DefiniGEN: Def-Hep WT [C型肝炎ワクチン開発への応用]

DefiniGENが有する、独自の分化誘導プラットフォーム「OptiDiff platform」により分化誘導された、iPS由来肝細胞は、C型肝炎ワクチンの研究開発に必要な、複数のマーカーであるCD81, SR-B1, Claudin-1, Occludinを安定的に発現していることが明らかとなった。これにより、C型肝炎ワクチン開発に必要となる肝細胞が安定的に供給されることとなる。


C型肝炎は、C型肝炎ウィルス(HCV)によって引き起こされる肝障害であり、1億人を超える潜在的患者を抱え、肝臓がんの原因となっている。WHOの発表によると、毎年35~50万人程度の患者が、C型肝炎由来の疾患で死亡している。現在のところ、C型肝炎ウィルス除去に効果のあるワクチンは存在していない。研究を加速させるには、十分な肝細胞もしくは肝細胞様細胞が安定的に供給されることが望ましいが、細胞株であるHepG2などにおいては、十分なマーカーが得られない等の事由により採用に課題があった。

Gene expression analysis demonstrating the presence of key Hepatitis-C markers in Def-HEP including SR-B1, CD81, Claudin-1 and Occludin.

DefiniGEN: Leading The Way In Drug Discovery

“We have used several of the services provided by UKTI Japan from the very start of our market entry strategy in Japan. They come highly recommended.”

Dr. Masashi Matsunaga - DefiniGEN, Business Development Manager

- See more at: http://www.exporttojapan.co.uk/case-studies/definigen-leading-the-way-in-drug-discovery#sthash.ZflwSVZJ.dpuf

http://www.exporttojapan.co.uk/case-studies/definigen-leading-the-way-in-drug-discovery

Definigen : Global case study (UK Trade & Investment)

ダウンロード
DefiniGEN moves into big pharma
Global_case study_DefiniGEN Ltd_trade_Ju
PDFファイル 1.1 MB

DefiniGEN : Horizon Discovery社とのコラボレーション

Horizon DiscoveryグループとDefiniGENは、

遺伝子改変技術を導入したiPS由来細胞ラインを共同開発します

iPS由来の疾患モデル細胞の供給により、ユニークな研究ツールが提供されます

 

ケンブリッジ(イギリス) 2015610日発表:

多様な遺伝子学的研究とパーソナル医薬に関する研究ツール、および関連するサービスをグローバルに展開するHorizon Discoveryグループ (LSE:HZD) と、幹細胞に関する製品とサービスを展開するリーダーであるDefiniGEN社は、遺伝子改変技術を導入した多様なiPS(人工多能性幹細胞)由来細胞を共同開発し、研究開発市場に提供していくことで合意したことを本日付で発表しました。

 

合意内容によりますと、Horizon社はiPS細胞に対し疾患遺伝子導入などの操作を行った後、DefiniGEN社において目的の細胞への分化誘導が行われます。本プロジェクトの初期段階においては、10種類のiPS由来の疾患モデル細胞を開発し、高品質な細胞製品として、現在十分な細胞が供給できていない創薬研究のマーケットに供給して行くことを目指します。最終的な細胞は、DefiniGENにおいて培養、分化誘導、品質保証に関するプロセスが行われ、細胞数等が均一化でありかつ改変された遺伝子に関する情報等が保証された製品として、研究市場に供給されます。製造された細胞および関連資材である培地類はDefiniGEN社から販売され、Horizon社と共同でマーケティング活動を実施します。

 

このパートナーシップでは、Horizon社の遺伝子改変技術に関する専門的な見識ならびにノウハウが活かされ、またDefiniGEN社における、代謝疾患モデルの先行開発を含む、世界最先端のヒトiPS細胞から分化誘導等に関する実績が活かされることになり、創薬開発を中心とした研究市場に新しい付加価値が提供されるものとして期待されます。

 

Horizon社のプロダクト・ビジネス・プレジデントであるDr. Paul Morrillは、「遺伝子改変技術は、iPS疾患モデル作成という新たな領域に入り、全く新しい研究ツールとして、今までにない手法で生物学的な問いに応えていくことが可能になる。DefiniGEN社とのパートナーシップにより、更に新しいツールが研究市場に提供されていくことを心待ちにしている」と評しています。

 

DefiniGEN社のCEO(最高経営責任者)であるDr. Marcus Yeoは、「この次世代のiPS細胞技術は、創薬研究における効率化と経済的なメリットをもたらすものであると同時に、現在までの技術では解決し得なかった根本的な病理メカニズムを解決できる可能性を有している」とコメントしています。

 

以上

 

(尚、本文書は英文原本を翻訳したものであり、内容が異なる場合は英文原本が優先されます。)

 

お問合せ(DefiniGEN

松永昌之

Business Development Manager, DefiniGEN Ltd.

Tel: +81(0)90 9653 3295

Email: masashi@definigen.com





Horizon Discovery Group plc and DefiniGEN Announce Collaboration to Develop Gene-Engineered iPS-based Cell Lines

Cell lines will be used to create unique research reagents

 

Cambridge, UK, 10 June 2015: Horizon Discovery Group plc (LSE:HZD), the international life science company supplying research tools and services that power genomics research and the development of personalized medicines, and DefiniGEN Ltd, a leading provider of stem cell products and services, today announced their collaboration to develop a range of unique, gene-engineered iPS (induced pluripotent stem)-based cell lines for use in research.

 

Under the terms of the agreement, Horizon will perform genome engineering on the iPS cells, which will then be differentiated by DefiniGEN. The project will initially focus on generation of ten iPS-based cell lines for research in areas that currently lack high quality disease models. The resulting cell lines will be cultured, differentiated and quality controlled by DefiniGEN to ensure that scientists receive uniform cell populations suited to their experiments, alongside an isogenic control. The cell line reagents will be available through DefiniGEN and co-marketed by Horizon.

 

The partnership, formed to enable customers to exploit the power of genome editing in iPSC cells, is made possible through Horizon’s deep expertise in gene editing, and DefiniGEN’s world-leading iPSC-derived human cell production and metabolic disease modelling capabilities.

 

Dr. Paul Morrill, President, Products Business, Horizon, said: “Genome editing is now being applied to the generation of iPS disease models, creating an entirely new suite of research tools, enabling customers to ask important biological questions that were not easily addressed previously. We look forward to partnering with DefiniGEN on this project and developing a powerful suite of new tools.”

 

Dr. Marcus Yeo, CEO, DefiniGEN, commented: “These next-generation iPS cell products will help to improve the efficiency and economics of drug development, and enable the underlying mechanisms of disease to be elucidated in a manner that has previously not been possible.”

 

ENDS

Contacts:

 

For Horizon Discovery Group plc and DefiniGEN Ltd

Zyme Communications (Trade and Regional Media)

Katie Odgaard

Tel: +44 (0)7787 502 947

Email: katie.odgaard@zymecommunications.com

 

 

For Horizon Discovery Group plc

Consilium Strategic Communications (Financial Media and Investor Relations)

Amber Bielecka / Mary-Jane Elliott / Jessica Hodgson / Matthew Neal

Tel: +44 (0) 20 3709 5701

Email: horizon@consilium-comms.com

 

 

About Horizon Discovery Group plc www.horizondiscovery.com/

Horizon is a revenue-generating life science company supplying research tools to organizations engaged in genomics research and the development of personalized medicines. Horizon has a diverse and international customer base of over 1,000 organizations across nearly 50 countries, including major pharmaceutical, biotechnology and diagnostic companies as well as leading academic research centers. The Company supplies its products and services into multiple markets, estimated to total in excess of £29 billion by 2015.

 

Horizon’s core capabilities are built around its proprietary translational genomics platform, a high-precision and flexible suite of gene editing tools able to alter almost any endogenous gene sequence of human or mammalian cell-lines. Horizon offers over 16,000 products, almost all of which are based on the application of gene editing to generate cell lines that accurately model the disease-causing mutations found in genetically based diseases. These ‘patients-in-a-test-tube’ are being used by customers to identify the effect of individual or compound genetic mutations on drug activity, patient responsiveness, and resistance, which may lead to the successful prediction of which patient sub-groups will respond to currently available and future drug treatments.

 

In addition, Horizon provides rAAV, ZFN and CRISPR gene editing tools, custom cell line and in vivo model generation services for research and bioproduction applications, quantitative molecular reference standards, in vivo disease models, contract research and custom screening services and custom shRNA development services and off-the-shelf validated shRNA (through Horizon’s partner Sirion).

 

Horizon is headquartered in Cambridge, UK, and is listed on the London Stock Exchange’s AIM market under the ticker “HZD”, for further information please visit: www.horizondiscovery.com.

 

 

About DefiniGEN Ltd http://www.definigen.com/

DefiniGEN was founded in 2012 to commercialise OptiDIFF, the stem cell production platform developed at the University of Cambridge, UK. The Company has world-leading expertise in the area of iPSC-derived human cell production and metabolic disease modelling. The application of these technologies in drug discovery provides pharmaceutical companies with more predictive in vitro cell products enabling the development of safer and more effective treatments. In addition, the technology platform utilises fully defined and humanised conditions required for the development of regenerative medicine cellular therapies. DefiniGEN builds on intellectual property and knowledge resident at the University of Cambridge Regenerative Medicine Department at Addenbrooke’s Hospital and has in-licensed the Yamanaka induced pluripotent stem cell IP portfolio from iPS Academia Japan Inc.

DefiniGEN: ISSCR 2015 に出展します

 

 

 

 

 

 

DefiniGEN Ltd (Cambridge UK) は、6月24日~27日にストックホルムで開催されます、ISSCR (International Society for Stem Cell Research) に昨年に引き続き企業出展を行います(ブース番号: B04:33)

フロアプランは、以下のURLをご参照ください。

http://www.expocad.com/host/fx/isscr/15isscr/default.html

 

展示ブースでは、新手法を用いた疾患iPS由来細胞(肝臓・膵臓モデル)のご紹介に加え、近年需要が増加している「Custom Cell Development」に関する具体例を紹介します。

 

 

Innovation is Great event

[Tokyo, 27 February 2015]

Biospire was officially invited to the "Innovation is Great" symposium organised by British Embassy Japan, with having surprising guest Prince William, Duke of Cambridge during the session. Biospire had a discussion with Professor Andrew D Hamilton, Vice Chancellor of University of Oxford for overall innovation opportunities between UK and Japan as well as specific topics related on drug discovery and life science fields with having closer communication with ISIS Innovation, technology transfer company of Oxford University.

DefiniGEN: ポスター発表資料を公開します

ダウンロード
Disease modelled hepatocyte and pancreatic preparation from hIPSC‐derived cells
Poster Definigen (high resol).pdf
PDFファイル 680.4 KB

iPS Cells for Regenerative Medicine, CiRA International Symposium でポスター発表を行います


DefiniGENは、2015年1月15日(木)~17日(土)まで開催されます「第18回武田科学振興財団生命科学シンポジウム」(同時開催:CiRA International Symposium 1月16日)に参加し、2件のポスター発表を行います。


<ポスター発表番号・発表内容>

007 :

Disease modelled hepatocyte and pancreatic preparation from hIPSC-drived cells

Masashi Matsunaga1, Marcus Yeo1, Ludovic Vallier2

1DefiniGEN Ltd.

2Sangar Institute



107 : 

Differentiation of human pluripotent stem cells into pancreas, liver and gut cells.

Ludovic Vallier1, Nicholas Hannan1, Mariya Chhatriwala2

1Cambridge Stem Cell Institute, UK

2Wellcome Trust Sanger Insititute, UK


各ポスターの要旨は以下のリンクからダウンロード可能です。また事後にポスターのコピーをご紹介します。

ダウンロード
Disease modelled hepatocyte and pancreatic preparation from hIPSC-drived cells
007 Matsunaga Yeo Vallier.pdf
PDFファイル 170.4 KB
ダウンロード
Differentiation of human pluripotent stem cells into pancreas, liver and gut cells.
107 Vallier Hannan Chhatriwala.pdf
PDFファイル 169.5 KB

英国再生医療サテライトワークショップ・レセプション、及び英国企業との個別面談会のご案内

【開催概要】

日時:2015114日(水) 9:30-20:30 (ワークショップ デイ・セッション+個別面談+レセプション+イブニング・セッション)

 

9.00受付開始

9.30-12.30 サテライト・ワークショップ(午前の部) 

12.35-13.35 英国企業紹介プレゼンテーション  (ランチ付) 

13.35-17.00英国企業との個別面談

13.35-17.00サテライト・ワークショップ(午後の部) 

17.30-19.15 ネットワーキングレセプション 

19.30-20.30 イヴニング・セッション

 

会場:武田薬品工業()研修所(565-0823 大阪府吹田市山田南50-2http://www.takeda-sci.com/access.html)

参加費:無料、日英同時通訳付き

プログラム・参加英国企業概要:添付資料をご参照ください。

 

【ワークショップ お申し込み方法】

本イベントは、事前登録制となります。一般・学生の方のご参加はお控えいただいております旨、予めご了承ください。

お申し込みフォームhttps://www.surveymonkey.com/r/UK_Regen_2015 にアクセスの上20141212日(金)までにお申し込み下さい。

尚、受講票の発行は致しませんが、定員の都合上、ご参加頂けない場合のみこちらからご連絡申し上げます。

 

なお、2015115日(木)-17日(土)に開催されます「武田科学振興財団生命科学シンポジウム」につきましても、20141212日(金)まで参加登録を受け付けております。右記リンクより併せてご登録賜れましたら幸いに存じます。(参加登録リンク:http://www.takeda-sci.com/regist.html

 

【個別面談 お申し込み方法】

セミナー当日に英国企業との個別面談をご希望の方は、上記のお申し込みフォームより、1212日(金)までにお申し込み下さい。

個別面談のみのお申し込みも受け付けておりますので、同様にご登録下さい。担当者より改めてご連絡いたします。

なお、ご面談時に通訳はつきませんので、予めご了承ください。

(登録フォームからのお申し込みが困難な場合は、担当者までお問い合わせ下さい。)

 

【参加予定英国企業】

各企業の概要につきましては、添付のご案内をご参照ください。

·         Asymptote Ltd www.asymptote.co.uk 

·         Axol Bioscience Ltd www.axolbio.com

·         Clyde Biosciences Ltd www.clydebiosciences.com

·         DefiniGEN Ltd www.definigen.com

            ·         ReNeuron Group Plc www.reneuron.com

 

DefiniGEN opens new iPSC production facilities at Babraham

DefiniGEN has recently opened its new stem cell production facilities at the Babraham Campus, Cambridge UK. The facility will enable the upscaled production of its iPSC (human Induced Pluripotent Stem Cell) derived hepatocyte and pancreatic products.

 

The iPSC-derived hepatocyte cells produced by DefiniGEN on its OPTIDIFF cell production platform, exhibit many of the functional characteristics of primary cells, are highly reproducible and can be made in large quantities, making them ideal for toxicity testing.

 

The company’s OptiDIFF platform also produces libraries of disease modelled hepatocyte cells for a range of diseases. The diseases modelled include the most common inherited metabolic disease conditions such as Familial hypercholesterolemia and Alpha 1 anti-trypsin disorder. These products which effectively demonstrate key pathologies of the diseases in functional human cells can be used to improve lead optimisation studies assisting the development of new therapies for these conditions.

 

The new production facility enables the provision of cells on a weekly, bi-weekly, and monthly basis all to customer requested delivery dates. Marcus Yeo CEO of DefiniGEN said “we are committed to providing high quality human cell products to our customers and integrate effectively into their workflow. This facility enables us to deliver this commitment”.

Definigen: CBI学会に出展展示します

2014年10月28日~30日に「タワーホール船堀」にて開催されますCBI学会2014年大会に、DefiniGEN製品が、住商ファーマインターナショナル様ブースにて出展します。

 

大会概要は、cbi-society.org/taikai/taikai14 からご覧頂けます。

ダウンロード
DefiniGEN Poster JP
展示ポスターはこちらからダウンロードが可能です
Banners (JP) min sized.pdf
PDFファイル 1.3 MB

Definigen: iPS由来細胞のオンラインオーダーを開始

DefiniGENは、オンラインによるiPS由来細胞の受注サービスを開始させました。2014年10月現在、

 

・ 肝臓系ワイルドタイプ細胞 (Def-HEP WT)

・ 肝臓系疾患モデル-A1ATD (Def-HEP A1ATD)

・ 肝臓系疾患モデル-GSD1a (Def-HEP GSD1a)

 

の3種類を対象にしております。

 

日本国内からのオーダーも受付けておりますが、販売は日本の総代理店であります住商ファーマインターナショナル様を通じて行われます。

 

 

Definigen: ユーザー提供の細胞を用いたiPS分化サービスを開始します

ダウンロード
Definigen: Custom Cell Development
iPS細胞から、目的の細胞に分化させる技術を有するDefinigenは、ユーザーから提供される血液などを用いて、一度iPS細胞に初期化後、自社の分化プラットフォーム(OptiDiffテクノロジー)を用いて、肝臓や膵臓などの細胞に分化させるサービスを開始させる。一連のサービス期間は、約5ヶ月間を予定している。
特定の人種や、特定の遺伝疾患を有する細胞をオリジナルに用いることで、その人種や疾患に適合する創薬の開発に応用されることが期待できる。
Definigen Brochure Custom cell line dev.
PDFファイル 518.4 KB

<お問合せ>

Definigen Ltd. enquiries@definigen.com, Tel. +44 (0)1223 497 113 (English only)

 

<日本語でのお問合せ>

Definigen 京都サテライトセンター masashi@definigen.com, Tel. 050-5534-0777 (日本語可)

Definigen: 中国でのUKTI-trade missionに参加します

Biospire to attend "BioPharma Trade Mission to China" organised by UKTI to support Definigen.

 

Shanghai and Beijing, 24th - 28th November 2014

 
UKTI East of England in partnership with the China-Britain Business 
Council is inviting UK organisations to join a trade mission to the 
country with the second largest economy in the world and the third 
largest pharmaceutical market.
 
Market Facts:
 Average growth at just under 10 per cent a year for 32 years. 
 Since the “reform and opening up” policy was introduced in 1978, China has changed beyond recognition.
 Major healthcare reforms have been announced and China is now planning to improve the training of its medical staff, update hospitals throughout China and spend more on pharmaceutical drug development.
 Healthcare spending - including pharmaceuticals, medical devices, distribution, hospital, pharmacies and insurance -currently accounts for less than six percent of GDP, but the figure is expected to increase to almost 10 percent within 4 years.
 China is investing heavily in research and development.
 The incidence of a number of conditions is growing in China -they include cancer (specifically lung cancer), diabetes and obesity. BioPharma Trade Mission to China Shanghai and Beijing, 24th - 28th November 2014
What is on offer?
 A pre-visit workshop
 In each location there will be an in market briefing from local business experts plus an Embassy evening reception to which you can invite guests. 
 There will be introductions to the major Western pharmaceutical companies and Chinese pharmaceutical companies.
 Introductions to agents and distributors that supply the pharmaceutical and life sciences sector - including universities.
 Relevant officials from Chinese government departments will be invited to attend the meeting programme.
 A mission brochure translated into Mandarin with a précis of each company.
 Visit to a country with potential to become a substantial export market with like-minded companies and support from UKTI & CBBC staff, both locally and overseas.
 
This mission gives you the opportunity to explore one of the fastest growing economies in the world and be introduced to partners to find out more about the following:
 
 Pharmaceutical companies
 The life sciences and healthcare landscape in China 
 Drug discovery in China 
 Distributors and agents in China
 Investment
 

DefiniGEN: iPS細胞から分化させた最初の病理モデル(A1ATD)の量産を開始

A1ATD morphology
A1ATD morphology

英ケンブリッジ大学発のベンチャー企業、DefiniGEN社は、この度α1アンチトリプシン欠損症(A1ATD)疾患遺伝子を有する患者から作成したiPS細胞を再び肝臓細胞に分化させ、凍結保存した状態において製薬企業等に配送する一連のシステムを構築いたしました。

 

iPS由来の疾患モデル細胞を用いることにより、一定の活性を保持した細胞を安定的に供給することが可能となり、創薬における研究開発に貢献することが可能となります。

 

細胞の輸送においては、グローバル輸送メーカーとタイアップし、特殊な液体窒素コンテナにおける輸送を行います。凍結された細胞は、マイナス150℃以下に保たれ、再現後の活性が維持されます。

 

今後Definigenでは、他の代表的な遺伝子疾患(例: GSD1a, FH, (参照))の開発を継続すると同時に、顧客から持ち込まれる細胞を用いたカスタムサービスについても取り組みます。

 

(2014/9/24)

Business collaboration with Business Crescendo, France

In September 2014, Business Crescendo (Paris, http://www.business-crescendo.com) and Biospire Japan (Kyoto,http://www.biospire.jp) agreed to begin a collaboration on international business development projects, primarily in the fields of chemistry and life sciences, to leverage the companies' expertise in the French and Japanese markets.

Dr. Michael Mendolia, Managing Director of Business Crescendo's Paris office, commented "we are pleased to be working with Biospire, as this will enhance our ability to help our European clients grow their businesses in Japan. We look forward to a fruitful partnership with Biospire." 

Dr. Masashi Matsunaga, Founder and Director of Biospire Japan, noted that having a collaboration with Business Crescendo would bring higher value to Japanese chemical companies who wish to expand their business in the European market. Additionally, this collaboration will help technology seekers in Japan to successfully source novel technologies from European market and especially from France.

Business Crescendo (Paris) との業務提携について

[Paris, 2014/9/8]

バイオスパイアジャパン(京都・Biospire Japan Ltd.)と、ビジネスクレシェンド(パリ・Business-Crescendo)は、包括的なビジネス提携を結ぶことを発表した。

 

ビジネスクレシェンドは、主にフランス国内におけるベンチャー企業を中心とした新技術をベースとするビジネスを欧州域内および北米地区に技術移転するコンサルティングビジネスを展開してきたが、バイオスパイアジャパンとの提携により、日本を中心としたアジア地区へのビジネス展開が期待される。一方バイオスパイアジャパンは、化学、製薬等の分野を中心に、日本国内の大手~中堅企業との強いパイプを有する。今回のビジネスクレシェンドとの提携により、日本国内企業が求める革新的な技術の供給および、速やかなライセンシング等が行われることが期待される。

写真左から、Dr. Michael Mendolia (Management Director, Business Crescendo), 松永 (Biospire Japan 代表), Mr. Cyrille Jacquemet (Founder of Business Crescendo).

Definigen: 基盤技術と製品開発に関するご紹介

DefiniGEN in Cambridge

英国ケンブリッジは、歴史的な科学技術発信地域として知られているだけでなく、近年多くのバイオベンチャーや、製薬メジャーのグローバル本社の移転や、Sangar Instituteに代表される公的研究機関、バイオバンクの集結など、ライフサイエンス分野における国際拠点としての拡大を続けております。

Definigen社は、2012年にケンブリッジ大学からスピンアウトした企業であり、同地区のバイオクラスターであるBabrahamリサーチキャンパスに拠点を構えています。当社は、ケンブリッジ大学から歴代最高額の投資を受けるのみならず、欧州・英国の公的グラント、ならびに複数のベンチャーキャピタルからの投資を受け、成長を目指しています。

 

OptiDiff™ テクノロジー

 

当社のコア技術は、人工多機能性幹細胞(iPS細胞)をスタート材料とし、「OptiDIFFプラットフォーム」と称する、完全にコントロールかつ最適化された作業環境中で分化させることができる点です。この技術を用いることにより、肝臓・膵(すい)臓などの細胞を、より実際の細胞に近い機能を持たせた形で得ることができます。更には、疾患遺伝子を予め導入することにより、疾患モデルの細胞を調製することも可能なため、創薬の研究分野に直接的に活用されることが期待できます。更には、細胞群を肺・胃腸などの別の組織細胞にも分化させる開発が進んでおります。

Fig.1. Definigenが調製可能な細胞タイプならびに研究対象(肝細胞、膵臓β細胞については最適化が完了。他の細胞については開発中)

Fig.2. OptiDIFFプラットフォームを用い、iPS細胞が肝細胞へ分化していく過程

 

 

 

 

 


OptiDIFFプラットフォームを用いた細胞を創薬に活用する3つのメリット

 

1. 細胞の安定供給

創薬研究において、一定の機能(酵素活性等)を持った細胞が十分供給されることは、ハイスループットを用いてヒット探索をする段階から、臨床段階における評価を実施するまで大変重要な課題であります。現状では特定の患者から得られるプライマリー細胞を使用する方法と、この細胞を経代培養させたセルライン(細胞株)を用いる方法が主流ですが、それぞれ、細胞数が限られることと、酵素活性等がプライマリーと異なることなどの課題を抱えております。理論上無限に増殖させることが可能な、iPS細胞から発現させた細胞を用いることにより、こうした課題が克服でき、酵素活性等が非常に安定した細胞を、研究開発の現場に提供することが可能となります。

 

2. 疾患モデル

特定の疾患を持つ検体(患者)から得た細胞を用い、OptiDIFFプラットフォームにより得られた細胞は、その疾患の情報を継承します。現在までに、遺伝性代謝疾患の原因とされるα1アンチトリプシン欠損症(A1ATD)、家族性高コレステロール血症、クリグラーナジャー(Crigler Najjar)症候群、チロシン血症、グリコーゲン貯蔵病1a型(桃源病1a型)の疾患モデルの最適化が完了しています。今後は、主要疾患のみならず、マイナーな疾患にも対応できる技術開発を進め、より広範囲な疾患モデルをカタログ品もしくはカスタム品*として提供していく準備を進めております。

*カスタム品については、受託製造も可能)

 

3. 倫理性

OptiDIFFプラットフォームに用いられるiPS細胞は、体内のあらゆる組織を起源とすることが可能であるため、例えば皮膚細胞や血液細胞を用いることが可能です。これは現在、患者の承諾を得た後に、臓器細胞を手術等により採取し、その細胞を用いる方法と比較して、大幅に倫理面におけるハードルが低下します。

 

 

主要開発製品

Predictive Toxicity – 肝細胞(上市済)

 

薬物動態や毒性試験に適した製品で、既に最適化を完了させ、小スケールでの提供を始めております。ハイコンテントスクリーニングなど、肝臓細胞中の特定の部位における活性をスペックに定めております。またDefinigenの肝細胞は、いわゆるクラブトリー効果(Crabtree effect:グルコースを添加した際に酸素消費が抑制される減少)が起きないことが実証されています。

Fig.3. 肝臓の代謝活性を十分に確認したDefinigen肝細胞(hepatocytes)

Fig.4. クラブトリー効果が起きないことを実証結果

 

*グルコース培地中においてクロルプロマジンに対するdose responsibilityが得られている)

 

 

 

主要開発製品(続)

ADME Toxicity – 肝細胞(開発中)

上記predictive toxicityの肝細胞をより進化させ、CYP450を中心とした酵素活性をより生体もしくはプライマリー細胞に近づける開発を、ヨーロッパ・ステムセルバンク(EBiSC)における主導により、複数の公的機関および複数のメジャーファーマと共同研究を立ち上げ開発を行っています。詳細は、www.ebisc.org に公開されますので、ご参照ください。

 

膵臓細胞(小スケール生産開始)

Definigenは膵臓細胞(pancreatic cell)iPS細胞から分化させ提供できる数少ないメーカーです。膵臓疾患は、糖尿病と高い相関があることが確認されており、背景にはグローバルで2兆円を超えるマーケットが存在します。iPSから分化され安定的にβ細胞が、ロットバラツキの少ない形態で創薬開発の現場に提供されることは、ヒットの確率およびリードのクオリティを向上させることが期待できます。

 

 

3つの主要ライセンス特許

Definigenでは、iPS細胞製造に関する基本特許をiPSアカデミアジャパンとライセンス契約していることに加え、OptiDIFFプラットフォームとなる最適化技術について、ケンブリッジ大学等と共同で2件の特許を取得しています。

 

 

主要文献

²  Inhibition of activin/nodal signalling is necessary for pancreatic differentiation of human pluripotent stem cells. Cho CH, Hannan NR, Docherty FM, Docherty HM, Joåo Lima M, Trotter MW, Docherty K, Vallier L. Diabetologia. 2012 Sep 26.

²  Pancreatic transcription factors containing protein transduction domains drive mouse embryonic stem cells towards endocrine pancreas. Lima MJ, Docherty HM, Chen Y, Vallier L, Docherty K. PLoS One. 2012;7(5):e36481. Epub 2012 May 1.

²  Status of genomic imprinting in epigenetically distinct pluripotent stem cells. Sun B, Ito M, Mendjan S, Ito Y, Brons IG, Murrell A, Vallier L, Ferguson-Smith AC, Pedersen RA. Stem Cells. 2012 Feb;30(2):161-8.

²  The serpinopathies studying serpin polymerization in vivo. Irving JA, Ekeowa UI, Belorgey D, Haq I, Gooptu B, Miranda E, Pérez J, Roussel BD, Ordóñez A, Dalton LE, Thomas SE, Marciniak SJ, Parfrey H, Chilvers ER, Teckman JH, Alam S, Mahadeva R, Rashid ST, Vallier L, Lomas DA. Methods Enzymol. 2011;501:421-66.

²  Targeted gene correction of α1-antitrypsin deficiency in induced pluripotent stem cells. Yusa K, Rashid ST, Strick-Marchand H, Varela I, Liu PQ, Paschon DE, Miranda E, Ordóñez A, Hannan NR, Rouhani FJ, Darche S, Alexander G, Marciniak SJ, Fusaki N, Hasegawa M, Holmes MC, Di Santo JP, Lomas DA, Bradley A, Vallier L. Nature. 2011 Oct 12;478(7369):391-4.

²  Modeling inherited metabolic disorders of the liver using human induced pluripotent stem cells. Rashid ST, Corbineau S, Hannan N, Marciniak SJ, Miranda E, Alexander G, Huang-Doran I, Griffin J, Ahrlund-Richter L, Skepper J, Semple R, Weber A, Lomas DA, Vallier L. J Clin Invest. 2010 Sep;120(9):3127-36.

²  Robust differentiation of fetal hepatocytes from human embryonic stem cells and iPS. Touboul T, Vallier L, Weber A. Med Sci (Paris). 2010 Dec;26(12):1061-6. Review. French.

²  Serum-free and feeder-free culture conditions for human embryonic stem cells. Vallier L. Methods Mol Biol. 2011;690:57-66.

 

 


ダウンロード
上の情報のダウンロードが可能です(A4版)
Definigen社基盤技術と製品開発に関するご紹介(A4).pdf
PDFファイル 486.2 KB

Definigen: 日経バイオテクに紹介されました

英国の研究用細胞メーカーであるDefinigen社のMarcus Yeo最高経営責任者がこのほど来日し、2014年2月4日、本誌のインタビューに応じた。同社は英University of Cambridgeの研究成果を基に2012年4月に設立されたベンチャー企業だ。

 

以下詳細はこちらのURLから

Definigen: 紹介フライヤー


ダウンロード
Definigen社基盤技術と製品開発に関するご紹介
Definigen社基盤技術と製品開発に関するご紹介_1404_.pdf
PDFファイル 761.3 KB
ダウンロード
Definigen General Flyer (English)
Def -hep general flyer.pdf
PDFファイル 391.9 KB

Biospireは、ヒトiPS肝細胞を製造するケンブリッジDefinigen社のエージェントとして日本市場への導入をサポートして参ります

Definigen社は、創薬セクターにおけるリード最適化および毒性プログラムにおいて使用することのできる、ヒト細胞を提供します。OptiDiffと呼ばれる自社独自の生産プラットフォームにより、従来よりも安定かつ個体差の少ない条件においてヒトiPS細胞を供給することが可能です。

 

Definigenでは、OptiDIFFプラットフォームを用い、遺伝性代謝疾患(IMD)研究のためのヒト肝細胞疾患モデルのライブラリを製造してきました。長期にわたる疾患のフェノタイプ(表現型)および病理活性の検証を経た結果、作成されたhiPSCは創薬のリード最適化研究において利用可能であることを確認しました。


会社情報

Definigen社は、ケンブリッジ大学において開発されたOptiDIFF幹細胞生産プラットフォームの技術を工業化することを目的に、20124月に設立されました。

当社のメンバーは、hiPSC由来のヒト細胞の作製と代謝疾患モデルを専門とする、世界的なエキスパートにより構成されております。私たちの技術を創薬分野に活用することにより、in vivoにおける予測が格段に向上することが期待でき、製薬企業様におけるより安全かつ効果的な創薬開発をサポートすることが可能になります。また、当社のテクノロジープラットフォームは、再生医療細胞治療の開発に必要な条件を完全に定義している点も大きな特徴に挙げられています。

Definigen社は、ケンブリッジ大学再生医療科Addenbrokes病院内に、知定期財産権および製造上のノウハウを構築させております。また、iPSジャパン株式会社が所有する山中伸弥教授の開発による人工多機能性幹細胞(iPS細胞)の基本特許に関するライセンス契約を締結しています。


hIPSC-derived hepatocytes display functional activity characteristics of primary human hepatocytes, including the presence of intracellular albumin, glycogen storage (shown by PAS staining), LDL cholesterol uptake (shown by fluoresceinated LDL incorporation), albumin secretion, and active CytP450 metabolism (Modeling inherited metabolic disorders of the liver using human induced pluripotent stem cells. Rashid ST, Corbineau S, Hannan N, Marciniak SJ, Miranda E, Alexander G, Huang-Doran I, Griffin J, Ahrlund-Richter L, Skepper J, Semple R, Weber A, Lomas DA, Vallier L. J Clin Invest. 2010 Sep;120(9):3127-36Rashid et al. 2010).

FBDD (Fragment based drug discovery)

5月30日に京都市内で開催された、Fragment Based Drug Discovery (FBDD) セミナーに参加した。Fragmentとは「断片」のことで、従来複雑なコンパウンドを用いて行われていたハイスループットにおける創薬探索のステージを一気に効率化させることが可能となり、約15年前に提唱された概念である。

 

当日は、FBDDの概念を世界的にリードしてきた、Professor Hubberdの講演から始まり、初期においてFragmentの概念が浸透しにくかったことなどのエピソードを交え、わかりやすく講演された。

 

現在では、Fragmentから見つかったHit化合物がいくつもLeadを経て、臨床ステージに上がっている。同時に、FragmentからのHitをいかに効率良く検出するか、評価方法の確立も急がれる。