DefiniGEN Ltd.

英ケンブリッジ大学からのスピンアウト企業であるDefiniGENは、疾患細胞モデリングを得意とする研究主導型の企業です。コア技術は、同大学で誕生したiPS細胞からの分化誘導技術で、非常に安定した製造技術を確立させています。内胚葉を介する分化誘導に特化することにより、肝細胞、膵(β)細胞、小腸細胞(オルガノイド)、肺細胞を、高性能かつ高効率で作製する技術を特許化しています。

 

安定的に分化誘導された細胞は、創薬の基礎研究に限らず、3次元モデルの開発や、再生医療を目指した多くのアプリケーションに展開されています。

 

疾患細胞モデリングには、患者由来型とゲノム編集型の2種類の作製方法を使い分け、世界中の製薬メーカーにおける希少疾患モデル細胞の作製に関するプロジェクトを多く行っています。DefiniGENは各国の疾患細胞バンクへのアクセスが可能であり、疾患細胞をiPS初期化後、目的の細胞への分化誘導を行います。

 

 

News & topics

Information

Category / カテゴリー

再生医療 iPS 分化誘導 肝臓 膵臓 

疾患モデル 安全性評価 創薬

 

Business model / ビジネスモデル

分化誘導細胞の販売 

ゲノム編集疾患モデル作製

受託研究(特殊疾患モデルの作製等)

 

Biospireとの関連

グローバルビジネスデベロップメントのサポート。

 


Location

Babraham Research Campus

Cambridge

CB22 3AT

U.K.

Email: masashi@definigen.com

Telephone: 050-5534-0777