Japan Diabetes Society booth presentation : DefiniGEN

【DefiniGEN】日本糖尿病学会出展

日本糖尿病学会

519日から21日、京都国際会館にて開催される日本糖尿病学会企業出展ブース(イベントホール・小間番号7)にて、英ケンブリッジ大学発のバイオ企業DefiniGENは、世界に先駆け開発と製品化を行ったiPS由来膵臓細胞に関する発表・展示を行います。

 

化学的に定義された材料のみを分化誘導に用い凍結保存された分化誘導後の細胞は、解凍後においても80%を超える生存率を示し、ヒト膵島と比較可能なレベルのインスリン分泌ならびにグルコース応答性(GSIS)を示します。

 

また、グルカゴンやソマトスタチンの各種マーカーも確認しており、β細胞のみならず、α細胞、δ細胞の特性も有していることを確認しております。3次元プレートを採用することにより、膵島様スフェロイドが作製できることも確認されており、インスリン分泌等の機能も向上します。

 

また同ケンブリッジ地区のHorizon Discovery社とのタイアップにより、CRISPR/CAS法を導入したゲノム編集型疾患モデル細胞を自在に調製することが可能であり、糖尿病研究における新たなツールとして世界中の製薬メーカーから注目を集めております。

Japan Diabetes Society

DefiniGEN a Cambridge spin-out biotech company will exhibit a booth (#7 at Event hall) at Kyoto International Conference Center at Japan Diabetes Society held on 19-21 May 2016.

 

DefiniGEN only applies chemically-defined conditions to obtain differentiated high function pancreatic cells from iPS (induced pluripotent stem) cells with guaranteeing over 80% viability after thawing from cryopreserved condition in a vial.

 

Those cells (Def-Panc) shows quite similar performances to human islet not only generating insulin (as beta cell function) but also observing glucagon and smatostatine (alpha and delta cell functions, respectively) functions. 

 

Micro-islet-like spheroid could be obtained simply utilizing ultra-law adherent plate which could support your diabetes studies and subsequent regenerative medicine applications.

 

DefiniGEN collaborate Horizon Discovery in Cambridge to be able to obtain gene-edited disease model cells utilizing CRISPR/CAS methods under commercial license.